逆流性食道炎
妊婦コラム

妊婦の逆流性食道炎

逆流性食道炎になると妊婦は辛い!?

逆流性食道炎

妊婦の逆流性食道炎逆流性食道炎を起こしやすい人にも挙げられている妊婦なのですが、症状が激しく現れている最中は辛いそうです。
妊婦の逆流性食道炎についてご紹介します。

妊娠中の逆流性食道炎とは

妊婦特有の発症原因逆流性食道炎は、食道と胃を繋ぐ下部食道括約筋という筋肉が弛緩してしまうことで引き起こります。
下部食道括約筋には食物が送られてくると緩み、それ以外では胃酸の逆流がないように等きちんと締まる働きがあります。
しかし、下部食道括約筋が弛緩することで胃が胸腔に突出してしまい、食道裂孔ヘルニアという合併症を併発させてしまうことがあります。

逆流性食道炎は妊婦や高齢者、肥満気味の人などに発症しやすい病気です。
妊婦の場合はお腹に胎児がいるため、腹部が大きくなる度に胃が上に押し上げられ、胃への圧が高まります。
高齢者は加齢とともに背中が丸まったり、腰が曲がったりと腹圧のかかりやすい姿勢になるため胃酸が食道に戻りやすいです。

妊婦が嘔吐を繰り返す理由

妊娠すると胃の消化運動などの機能が下がるのには、ホルモンが関係していました。
妊娠時に多くなるプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンにより胃の機能が落ち、食物が胃に滞留する時間が長くなり、消化が進まずに胃に負担をかけてしまいます。
その結果として胃もたれが起こると言われています。

妊娠により腹部が大きくなり、胎児が成長するごとに胃が上部に押され、圧迫されます。
すると胃の活動を妨げることになり、胎児が成長するたびに子宮からの圧迫は強くなり、胃酸が食道内に逆流する逆流性食道炎を引き起こすことがあります。
また、胃を上部へ押し上げることにより、食道と胃を繋げるために開いている横隔膜の孔から胃が胸腔にはみ出てしまいます。
この横隔膜からはみ出してしまった状態を食道裂孔ヘルニアと呼び、胃と食道の繋ぎ目で機能している下部食道括約筋が障害され、逆流防止の働きを行えなくなります。

逆流性食道炎では胸やけの症状が出現したり、食物が痞える感覚を覚えます。
これは妊娠中の循環血液量が増加することにも関係があると言われていますが、胎児の成長により大きくなった子宮が肺や胃を圧迫することにも原因があるとして考えられています。

つわりとは違う苦しさの逆流性食道炎

妊娠した初期に出現するつわりとは異なり、つわりが治まる妊娠後期には胸やけやゲップが多く現れます。
嘔吐やゲップをするときには胃液が食道に逆流します。
この現象は胎児を出産した後も継続することがあります。
胸やけ症状は胃酸が逆流するために出現し、ゲップは胸やけ症状を緩和させるために空気を飲み込んでしまうのが原因と言われ、起こります。

前屈姿勢や体を横にすると胃酸の逆流や胸やけなどの症状が強く現れます。
症状が強くなると、中には眠りに就けない人も出てきたり、お腹の大きい妊婦は大変でしょう。
就寝時には上体を高くして眠ると、いくらか症状を緩和できると言われていますので、色々な方法を試してみましょう。

食後は食物が逆流しやすい状態にあるのでスグ横にはならず、姿勢に気をつけましょう。
食物によっては胃が拡がり、逆流を起こしやすいので、しっかりと咀嚼し、ゆっくり食べましょう。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング