逆流性食道炎
食道アカラシアその他の胃・食道疾患

食道アカラシア

原因不明!食道アカラシアの発生

逆流性食道炎

原因アラカシとは食道アカラシアは消化器官の良性疾患なのですが、発症は原因不明です。
また、食道機能に何らかの異常が起こった疾患とも考えられています。

では、どのように食道の狭窄が起こるのでしょうか?

食道アカラシアは運動障害!?

自律神経から発症する蠕動運動障害食道と胃の入り口(噴門部)が繋がる部位には下部食道括約筋(LES:Lower Esophageal Sphincter)という筋肉が存在します。
食事をした際、送られてくる食物は噴門部が緩んで胃の内部に入ります。
しかし、食道アカラシアは噴門部である下部食道括約筋をコントロールしている自律神経に異常をきたし、蠕動運動を障害します。

食事をしても噴門部が十分に開かなくなり、食物が食道から胃へ入りづらくなる通過障害や、食物がどんどん堆積し食道が拡がってしまう疾患です。
また食道アカラシアという病気は、約10万人に1人という稀な病気と言われ、中年層に見られます。
若干女性に発症傾向が高いとも言われています。

食事が喉を通りづらいのが症状

食事をした際に、飲み込みづらいという嚥下障害や嘔吐などの症状を呈することがあります。
嘔吐した際に嘔吐物が気管に入ってしまう誤嚥をして肺炎を起こしたり、体重の減少などが見られます。
嘔吐は就寝中に起こることが多いです。
また食物だけでなく、水などの飲み物も嚥下しにくく、病状は徐々に進行します。

食道アカラシアは食道の蠕動運動などの機能が障害されてしまったため、食道が異常収縮を生じさせ、胸痛が引き起こります。
食道アカラシアに生じる胸痛は、4〜5割くらいのアカラシア患者に認められています。
胸痛が起こるという点から心筋梗塞と間違えてしまうほど激しい痛みを呈すことがあるそうです。

食道アカラシアの検査とは

食道アカラシアの診断には食道透視検査や食道内圧検査などを行い、診断するための一つの情報としています。
食道透視検査では、胃の位置付近で食道が拡張し、胃の先端はくちばしのように狭窄している状態が確認されます。
食道内圧検査では胃付近の食道で正常より高い圧の変化が確認されます。

他にも食道アカラシアの発生部位である下部食道括約筋の観察する食道X線造影法や、食道を観察する内視鏡検査が行われます。
食道アカラシアは食道がんの合併リスクがあるため、悪性腫瘍の可能性も考えて検査されます。
また定期的な検査が必要となります。

食道アカラシアの治療方法は?

食道にできた口ばし状の狭窄部位をバルーンと呼ばれる風船状の医療器具を用いて、狭窄部位を拡張させる方法、また原因から治療する根本治療を目的とした外科治療があります。
バルーンを用いる治療法は、非観血的拡張療法といって下部食道括約筋の近くに内視鏡を挿入し、バルーンを膨らませて狭窄部位の食道拡張が行われます。

この非観血的拡張療法は約6〜9割前後の人が症状の回復を見せていると言われています。
バルーン拡張術が有効でない場合は外科的治療が適応となり行われます。

手術療法では、下部食道括約の輪状筋を切開し、下部食道括約筋の圧力を低下させる方法を行います。
この切開の長さによって逆流性食道炎を引き起こすことがありますが、その場合、逆流性食道炎の逆流防止手術が行われることがあります。
手術後には体重減少や嘔吐などの症状は治まりを見せます。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング