逆流性食道炎
喉頭がんその他の胃・食道疾患

喉頭がん

声を失う危険!喉頭がんとは

逆流性食道炎

喉頭がんを知る喉頭がんは喫煙との関係性が強く、近年では女性の喫煙が増えていることから、女性の喉頭がんが増加傾向にあります。
喫煙しない人にも発症することがありますが、それは胃酸の逆流などによる慢性化した刺激が引き起こしたものと考えられています。

逆流性食道炎患者の増加から喉頭がん患者が増えるのではと心配されています。

声枯れ?それとも無症状?喉頭がんの進行

喉頭がんの種類喉仏と同位置に存在し、食道と気道が分岐する箇所のことを喉頭と呼びます。
この喉頭部に生じる腫瘍を喉頭がんと呼び、頭頸部がんの一つでもあります。

発声するための声帯もこの喉頭に存在し、声帯より上部に生じた腫瘍を声門上がん、下部に生じた腫瘍を声門下がん、声帯自体に生じた腫瘍を声門がんと呼びます。

煙草は危険因子!喉頭がんの原因

喉頭がん発生の殆どは喫煙または飲酒が要因とされています。これらは喉頭がん発生のリスクを高めています。
喉頭がんに罹患した約90%以上もの人が喫煙者であったとも言われています。また逆流性食道炎との関係も示唆されています。
喉頭がん患者は50〜80歳代の男性に発生が見られることが多く、女性も年齢が高くなるに連れて発生率が上昇してきているそうです。
また発生率や死亡率においても男性の方が高い数字を示し、女性の約10倍以上とも言われています。

各部位での発症率は、声門上がんで30〜35%、声門下がんでの発生は稀で1〜2%、声門がんが60〜65%と喉頭がんの中の多くを占めています。

声枯れは喉頭がんの症状!?

喉頭がんは声帯に腫瘍をつくるため、形成された部位により症状が異なります。

声門上がん

初期症状に出現するのは、嚥下時に見られる疼痛や異物感です。
発生から時間が経つと耳に疼痛などが現れることがあります。
症状が進行すると嗄声が見られ、腫瘍の肥大や浸潤が声帯にまで進むと呼吸困難などの症状が現れることがあります。

また声門がんの頸部リンパ節への転移が少ないのから見ると、声門上がんの方がリンパ節への転移が多く確認されています。

声門下がん

声門下がんは初期症状の出現が殆どなく、病態の進行に合わせて嗄声や呼吸困難などの症状が現れます。
そのため発見が遅れてしまうことが多い疾患です。

声門がん

声門に腫瘍がつくられた殆どの人に声が枯れる・掠れるなどの嗄声(させい)が初期症状として現れます。
嗄声の症状が1ヶ月以上続くなど、長期間持続する場合は医療機関で検査してもらいましょう。

声門がんであった場合、嗄声は悪化し、腫瘍の肥大などにより声門が狭窄し呼吸困難などの症状を呈することがあります。

治癒率は上々?喉頭がんの治療

喉頭がんの罹患者の治癒率は7割程度で、頭頸部がんの中でも治癒率は高いと言われています。
そのため早期に発見することができれば、声帯を全摘出する治療などの声を失わずに治癒できる可能性が上昇します。

喉頭がんの治療には外科療法、放射線療法などがあります。
外科療法では、腫瘍と生じている部位の周囲を切除する喉頭部分切除術と、腫瘍本体とその周辺をまとめて摘出する喉頭全摘出術という手術が行われます。
喉頭部分切除術は早期発見の場合に行われ、喉頭全摘出術は病状の進行度が強い場合に行われます。
放射線療法は、高密度のエネルギーを体外から喉頭に照射し、がん細胞を消失させる治療法です。

放射線治療を行ってもがん細胞が消失しないリンパ節転移がんには、リンパ節郭清術というリンパ節を切除する治療法が実施されます。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング