逆流性食道炎
機能性胃腸症逆流性食道炎の類似疾患

機能性胃腸症

胃の不快感は機能性胃腸症?

逆流性食道炎

胃もたれや不快感に要注意胃もたれや胃痛を毎度感じているということはありませんか?
胃の病気には悪性腫瘍であるガンや潰瘍などが出現するため、胃もたれだからといって放置しておくと気付かないうちに・・・といったことになりかねません。

機能性胃腸症のメカニズム

機能性胃腸症とは胃の不快感を抱えている人は診察・検査を受けに医療機関を訪れるのですが、胃カメラの検査でも何の病変も確認できない、異常が見当たらないという症例が多くなってきていると言われています。

機能性胃腸症(FD:Functional Dyspepsia)、又は機能性ディスペプシアと呼ばれる疾患は、今まで“慢性胃炎”と呼ばれていました。多くの方は慢性胃炎と言われたほうがシックリくるのではないでしょうか?
またディスペプシアは上腹部愁訴と訳され、機能性上腹部愁訴(機能性ディスペプシア)または機能性胃腸症と呼ばれています。

内視鏡検査では胃粘膜に病変などの異常は見られませんが、胃もたれや胃痛などの胃部不快感を呈するといった様子を機能性胃腸症と言います。
機能性胃腸症からくる胃もたれなどは、以前まで胃下垂や胃の筋緊張が下がっている胃アトニー(胃無力症)というように呼ばれていました。
またNUD(Non-ulcer Dyspepsia:潰瘍の認められない胃腸障害)と呼ばれ、神経性胃炎、胃けいれん、慢性胃炎などと診断されていました。
しかし、胃内に異変が認められないのに粘膜炎症があるという意味の「胃炎」という診断をするのは正しくないということで、最近では「機能性胃腸症」と称されるようになりました。

機能性胃腸症の原因

機能性胃腸症の明確な原因は分かっていませんが、過労や不規則な食生活、身体・精神的ストレスが発症の誘因と考えられています。
神経の緊張状態が自律神経の機能を抑制してしまい、胃の蠕動運動の機能が下がったり、胃粘液の産生・分泌が低下したりと胃に様々な影響をもたらします。胃もたれや不快感を生じさせているとも考えられています。
私たちが暮らしている日本では、4人に1人が胃に何らかの不快を感じていると言われています。

機能性胃腸症で起きる、食事開始から早期に出現する満腹感や膨満感は、胃の入り口付近の拡張機能が動かなくなってしまった状態です。
胃もたれは、食物を十二指腸に送り出す胃の出口の収縮機能が働かなくなってしまった状態です。
胃に感じる疼痛は、胃の知覚神経が過敏に反応する知覚障害を起こしている状態です。

機能性胃腸症の症状

機能性胃腸症の症状は、「食後愁訴症候群」と「心窩部痛症候群」の2つの症候群に区別されます。
食後愁訴症候群は、食事の後に生じる胃もたれ感や早期膨満感などが主に出現します。

愁訴とは不快感を訴えている人のことを言い、胃部に苦痛を感じている人にしか分からない症状です。
心窩部痛症候群はみぞおちの疼痛や灼熱感を感じる症状というように、分類することができます。

機能性胃腸症の治療

薬物療法による対症療法と食生活の改善が必要となります。
薬物による症状の緩和と生活習慣の改善を目指すことが大事になります。

薬物療法

薬による治療には胃酸分泌抑制剤、消化管運動機能改善薬、抗不安薬が用いられます。
胃酸分泌抑制剤は、胃酸の分泌・産生を抑制し、胃への刺激を緩和する薬です。
消化管運動機能改善薬は、消化管機能の異常を改善させ、正常な機能を取り戻す働きをする薬です。

抗不安薬は、胃に異常を起こしていると思われる神経の緊張や不安、ストレスに効果を示してくれる薬です。

ライフスタイルの見直し

食生活を見直すことも早期回復・再発防止の重要な鍵となります。
胃に負担のかかる食事はしっかり咀嚼し、ゆっくり食べましょう。また過食になり過ぎないよう注意も必要です。
一度に食物を胃に収めると、食物が胃に止まる時間が延び、負担となります。
また胃酸が過剰に分泌され、消化されにくかったり肥満の原因になることもあります。

食事を摂らずに活動すると胃腸の運動が変わり、胃酸による刺激を受けやすくなるので、生活リズムを整え、規則正しい食事をしましょう。
咀嚼しにくい食材や脂肪を多く含んだ食材は、消化の負担になるので、消化に良い食材を摂りましょう。
また、ストレスを解消することも治療促進の手助けとなります。
ストレス発散には睡眠や運動を行うことも大切なことです。
運動による血液循環が良くなることは消化機能の働きを助けてくれます。

また、十分な睡眠が取れていないと胃液の産生が促進され、胃粘膜を刺激することになります。
さらに睡眠時間が足りていないことはストレスにも繋がるので、生活リズムの見直しはとても重要です。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング