逆流性食道炎
バレット食道逆流性食道炎の合併症

バレット食道

バレット食道の放置は危険!食道がんのリスク

逆流性食道炎

バレット食道から食道がん逆流性食道炎を発症している人も、そうでない人もバレット食道という疾患をご存知ですか?
バレット食道は逆流性食道炎の合併症とも言われ、逆流性食道炎の治療を放置していたことが要因とも考えられ、更に放置すると食道がんを引き起こす可能性があります。

逆流性食道炎の合併症〜バレット食道

バレット食道とは消化器官でも部位によって粘膜細胞が異なり、食道粘膜は扁平上皮という粘膜細胞で包まれ、胃や腸は円柱上皮という粘膜細胞に包まれています。

バレット食道とは、胃液の逆流が長い時間で繰り返し行われ、胃酸の刺激をずっと受けていた食道粘膜が食道組織の損傷と回復を繰り返した結果、食道粘膜である扁平上皮ではなく、胃の粘膜である円柱上皮に近い組織に変化することを呼びます。
また置換された円柱上皮の約80%には腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)という、食道がんの発症に関与している細胞組織を含んでいます。

欧米では、バレット食道から食道がんを続発するリスクの高い疾患とされ、私たちの住んでいる日本でも食生活の欧米化から食道がんの続発を懸念されています。

バレット食道の原因とは

バレット食道が発症する原因となるものは解明されていません。
逆流性食道炎を発症していることから起こる後天性の疾患や合併症と言われています。
食道炎が慢性化すると発症しやすくなるとも言われています。逆流性食道炎から起こる胃液の逆流で、食道粘膜の扁平上皮が炎症を繰り返すために食道の粘膜細胞の変質が起こるとも考えられています。
逆流性食道炎の患者だけでなく、食道裂孔ヘルニアの患者にも見られることのある疾患です。

症状は逆流性食道炎と同様!?

バレット食道の症状は、逆流性食道炎と同症状の胃酸の逆流による胸やけと呑酸、胸痛です。
胸やけや胸痛の症状は夜間に憎悪する傾向があります。

食道粘膜内に確認された円柱上皮は、3cmを越えるとがんになる可能性があります。
3cm以下ならば、がん化するリスクは低下します。
また、3cmを越えるバレット食道を発症している人でも自覚症状が出現しない場合もありますので、注意が必要となります。

どのような検査を行うのか

バレット食道を発見するための検査には、内視鏡検査が行われます。
胃と食道の接合部まで挿入した内視鏡を口腔に引き戻しながら観察します。

食道粘膜の扁平上皮に赤みのある円柱上皮が見られたら細胞を採取し、腸上皮化生があるかの確認が行われます。

バレット食道で行われる治療法

日本では欧米とは違い、がんへの続発が少なく、胃酸分泌抑制剤などの内服治療で経過を見る方法が多くとられているようです。
胃酸分泌抑制剤は、食道粘膜への刺激や損傷を軽減させるためにも用いられるのですが、バレット食道が治癒することはありません。
バレット食道は治療において、病態の改善や治癒が困難と言われています。

症状が軽快して粘膜細胞の変質が消失するケースもあれば、そのまま残っているケースもあります。
バレット食道から食道がんを発症させるリスクは、健康な人が食道がんを発症するよりもグンと跳ね上がるため、定期健診を行う必要があります。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング