逆流性食道炎
中医学,漢方逆流性食道炎の診断・治療

中医学での逆流性食道炎

中医学はどう考える!?逆流性食道炎の病理

逆流性食道炎

東洋医学による逆流性食道炎中医学(東洋医学)では漢方での治療が主として行われているのは、皆さんもご存知のことと思います。
中医学は、西洋医学のような症状の改善を目的とした対症療法と違って、根本から原因に対する治療を目的としています。

逆流性食道炎、罹患の仕組み

逆流性食道炎の漢方治療私たち日本人は西洋医学での治療を受けることが多く、漢方治療というものがあまり身近なものではありません。
西洋医学では、逆流性食道炎の発症の原因が暴飲暴食や心因性のストレスと捉え、食物の消化時に胃酸が逆流し、食道に長く留まったことにより起きる炎症と考えています。

では、中医学ではどのように考えているのでしょうか? 中医学では胃腸のことを“脾胃(ひい)”と呼んでいます。
中医学での胃は、西洋医学で考える胃と同様に捉えても良いと言われています。この胃の機能には“受納(じゅのう)”と“腐熟(ふじゅく)”があります。摂取された食物が胃に入ることを受納といい、胃で十二指腸に食物を送るために消化・撹拌することを腐熟と言います。
脾は、すい臓の役割に近い機能を示し、消化した食物から滋養物質と水分を取り込み、それを肺に送って肺から体全身に循環させる働きをしています。

この脾胃のサポートを行っている機能に“疏泄(そせつ)”というものがあります。疏泄とは肝機能の中の働きの一つを言い、自律神経の役割に類似している機能です。臓器やメンタル面の運動を安定させています。
疏は脾の働きを助け、泄は胃の消化をサポートするという意味もあります。疏泄の働きを大きく損ねる恐れがあるのが心因性のストレスです。
精神を安定させる機能を持つ疏泄がストレスにより阻害されることで、“肝気鬱結(かんきうっけつ)”や“肝鬱気滞(かんうつきたい)”という疏泄機能の調和が保てない状態になります。結果、イライラする等の症状や、女性では月経不順が見られます。
さらに肝気鬱結が脾胃の働きに関与してくると、心因性からくる消化器官の炎症を引き起こし、消化器官に生じた炎症の一つが逆流性食道炎と考えられています。

逆流性食道炎で漢方治療を行っている人は、脾胃の働きが低下したことによるものもありますが、多くは心因性のストレスからくるものです。
疏泄の働きを引き出すことでメンタル面の安定を図るという見解は、西洋医学ではまだ無いようで中医学独自の治療方針とも言えるでしょう。

逆流性食道炎の症状〜中医学編

中医学には「気」というものが存在します。
心因性のストレス等から来る肝鬱気滞は、体内に多くの気が入り特定の部位に溜まり、気がその場で広がろうとする働きを見せます。
気が消化器気管に溜まっている場合は、「げっぷ」や「おなら」となり、貯留されていた気が体内から放出され、症状の改善が見られます。

胃の内容物がある程度消化されて、次の消化器官に運輸される働きを“胃気(いき)”と呼びます。
胃気により溜まった気を腸に送ることができなければ、お腹が張る膨満感が生じたり、食道から口腔を経て逆流すれば「胸やけ」や「げっぷ」などの症状を呈し、症状が悪化したときには「嘔吐」を伴います。

また、胃で消化された内容物は脾によって栄養素が血液中に取り込まれますが、脾の働きが弱まると「便秘」や「下痢」といった症状を引き起こします。
ときに腹痛を呈す下痢を起こすこともありますが、腹痛は次第に治まりをみせます。ですが、時間を置くと腹痛を伴う下痢が再度起こることがあります。
この症状は、中医学で“痛瀉(つうしゃ)”と呼ばれています。

逆流性食道炎は心因性のストレスが原因になっている場合が多く、ストレスの解消方法を模索する必要があります。
また、アルコールを少し摂取することに抗ストレス作用があり、ストレスに対し効果を持つのですが、過剰摂取は胃液の産生を促進させるので症状の悪化を招きかねません。自分に適したストレス解消法を探していきましょう。

六君子湯の働きとは?

六君子湯(りっくんしとう)とは、逆流性食道炎の漢方治療に用いられることが多く、内臓器官を温め身体の働きを活性化させ、体内に貯留した余分な気と水分を排泄する働きがあります。この六君子湯は冷たい物の過剰摂取や運動不足で胃腸の弱っている私たちの第一選択薬でもあります。
呑酸や嘔吐、胸痛、咳嗽(がいそう:咳)、痰、下痢などの症状に適した漢方薬です。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング