逆流性食道炎
検査逆流性食道炎の診断・治療

逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎の検査〜病変の発見は胃カメラで

逆流性食道炎

逆流性食道炎の検査食道内部に限らず、呼吸器や消化器のガンや病変を発見するのも上部消化管内視鏡検査が大事になります。
しかし、医療機関で用意している自己記入式マークシートの結果のみで約6〜7割位の診断が出来てしまうと言われる程、逆流性食道炎の診断は診察のみで可能とも言われています(マークシートの有無は各医療機関にお尋ねください)。

逆流性食道炎を発見するには?

GERDの診断胃食道逆流症は英語でGastroesophageal Reflux Diseaseと表記され、GERDと略して呼んでいます。
また食道内に炎症を伴って症状を現すものや、胃液が逆流することによって起きる胸やけなどを“逆流症(GERD:ガード)”と総称しています。

胃液の逆流によって、胸やけの症状を呈していても炎症を起こしていなかったり、食道粘膜に炎症が起きていても胸やけなどの症状が出現しないケースなどが逆流性食道炎にはあります。

上部消化管内視鏡検査で分かる分類とは

逆流性食道炎は胃カメラ(内視鏡検査)が基本となり、欠かせない検査です。
口腔内から先端にカメラの付いた内視鏡と呼ばれる管を挿入し、食道粘膜に胃液の逆流による刺激で出来た潰瘍やびらんが確認できれば逆流性食道炎と診断されます。

非びらん性胃食道逆流症のように食道粘膜に病変や異常の見られない場合などは、薬物療法によって症状の変化や改善を見ながらの診断となります。
また、上部消化管内視鏡検査には、前夜から食事を禁止される食事制限が取られます。

LA分類(ロサンゼルス分類)

内視鏡検査では、食道粘膜の炎症具合や粘膜障害(食道内の正常な粘膜組織との違いが明確に目で確認され、白苔または発赤が出現している部位)をロサンゼルス分類という6段階に分けて評価しています。
炎症度の他にも食道裂孔ヘルニアの合併の有無などを調べる目的もあります。

GradeN

内視鏡検査でも食道粘膜内に病変などの異常がない、又は確認できないもの。

GradeM

食道内の粘膜色素が変色しているもの。

GradeA

食道粘膜に異常が見られ、長径が5mm以内の粘膜障害を認めるもの。

GradeB

食道粘膜にできた粘膜障害のうち、最低一つでも5mmを越えるものがあり、食道粘膜内のヒダ上に存在する粘膜障害が別々のヒダ上に見られるもの。同じヒダ上に連なっていないもの。

GradeC

最低一つの粘膜障害が2つ以上のヒダに繋がっていて、食道の全周囲の3/4以内で異常を見せているもの。

GradeD

食道全周囲3/4を越える粘膜異常を認めるもの。

24時間で行うpHモニタリング検査

鼻腔からpHセンサーが取り付けてあるチューブを挿入し、食道内の酸性度数(pH)や胆汁の逆流で見られるアルカリ性の上昇を確認します。

24時間測定を行うので、就寝時の食道内逆流の有無も確認が可能です。

食道造影検査〜逆流があれば食道炎!?

造影剤が食道へ逆流するのを観察します。
造影剤の逆流が確認されれば、逆流性食道炎が強く疑われます。食道粘膜にできる疾患(食道炎、びらん、潰瘍)は粘膜表面に病変を形成するため、食道造影検査では食道構造の変化と捉えられることがあるため、小さな変化や軽い症状の場合などの発見は難しいようです。

その他の検査方法とは

上記の他にも胃・食道シンチグラム、食道内圧測定などが行われ、逆流性食道炎の有無や症状の進行状態を確認します。

【逆食レポート】コンテンツ分類
  • 【逆流性食道炎の原因/症状】一般的な原因や症状以外にも非びらん性・裂孔などの種類を紹介
  • 【逆流性食道炎の診断・治療】内視鏡による検査の方法、手術療法、薬・漢方薬の種類や効果
  • 【逆流性食道炎の合併症】治療を怠ることでバレット食道や睡眠障害などを併発するかも!
  • 【逆流性食道炎の類似疾患】症状(痛み・胸焼け)が似ている食道がん、狭心症、機能性胃腸症を確認
  • 【逆流性食道炎の予防】症状を抑える方法と病気のチェックの仕方をご紹介
  • 【その他の胃・食道疾患】喉頭がん・胃潰瘍などの胃/食道に関連する病気
  • 【コラム】妊婦さんとペット(猫・犬)の逆流性食道炎
【逆食レポート】コンテンツメニュー
  • 逆流性食道炎の症状 - げっぷ/咳・痰/胸痛などの症状はありませんか?
  • 睡眠障害 - 胸やけなどが引き起こす不眠症とは
注目記事(逆食レポート)ランキング